2010年05月31日

大破したアディ・ギル号は「マイライフ(我が人生)」と涙… 活動からは“引退宣言” SS元船長第3回公判(産経新聞)

【法廷ライブ SS元船長第3回公判】(4)

 《女性弁護人の質問に、環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」の抗議船「アディ・ギル号」元船長、ピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)はよどみなく答えていく》

 弁護人「アディ・ギル号の現在の所有者は誰ですか」

 被告「アメリカ在住のアディ・ギル(さん)です」

 弁護人「その前はあなたが所有していたのですか」

 被告「はい」

 《アディ・ギル号はもともと、「アースレース号」という名前で、地球一周最速航行を達成するため2005年(平成17年)にスポンサー企業が約250万ドルを拠出して建造した。バイオディーゼルを燃料とし、航行速度40ノット(約72キロメートル)を誇る高速艇だ。元海底油田エンジニアのベスーン被告が船長を務めていたが、海難死亡事故を起こしたことなどから高額な補償責任を負ったベスーン被告はアースレース号を売りに出し、SSがこれを買い取ったという》

 弁護人「アディ・ギル号はどこかから買ったのですか。それとも開発したのですか」

 被告「私が開発しました。ボートを製造する過程で、私が監督しました」

 弁護人「開発チームをあなたが決め、マネジメントしていたということですか」

 被告「はい」

 弁護人「開発にかかった時間は?」

 被告「構想から3年半くらいです」

 弁護人「費用はどのくらいかかりましたか」

 被告「米ドルで300万ドルくらいです」

 《300万ドルは、日本円で2億7千万円以上という大金だ》

 弁護人「どのように資金を調達したのですか」

 被告「家を抵当に入れ、持ち物も売り払いました。また、150万ドルは借金をしました」

 弁護人「その借金は返済し終わっているのですか」

 被告「借金はまだ50万ドルほどあります」

 《私財をなげうって、アディ・ギル号を建造したというベスーン被告。資金面だけではなく、2008年6月には、約60日間という当時の世界一周最速記録を樹立しており、ベスーン被告の思い入れは格別なはずだ。弁護人は、“相棒”といえる船への思いを改めて尋ねた》

 弁護人「アディ・ギル号は、あなたにとってどんな存在でしたか」

 《しばし沈黙した後、ベスーン被告は「マイライフ…」とつぶやいた》

 被告「…私の人生そのものです。6年間…。アディ・ギル号が沈没する様子は、私の心を引き裂きました…」

 《はなをすすり、声を震わせながらベスーン被告は答えた。ベスーン被告が苦楽を共にしてきたアディ・ギル号は今年1月6日、調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」と衝突、大破し、航行不能となった》

 弁護人「アディ・ギル号を失い、あなたはどんな損害を受けましたか」

 被告「……。私は…大型船にひかれる夢を毎日見ました。とにかく心が打ち砕かれました」

 《ベスーン被告は「チーン」と音をたててはなをかんだ》

 弁護人「だから、(第2昭南丸の船長に会おうと思ったのですか」

 被告「私はこのボートを沈めた本人と向き合い、彼の目を直視したかったのです」

 《検察側は冒頭陳述で、「ベスーン被告はアディ・ギル号との衝突の責任を船長に追及するため、第2昭南丸への侵入を計画した」と指摘していた。続いて弁護人はベスーン被告らから妨害行為を受けている最中に負傷したとされる、第2昭南丸の乗組員らへの思いを尋ねた》

 弁護人「第2昭南丸の乗組員に対してはどのように思っていますか」

 被告「第2昭南丸の乗組員へ、個人的な恨みは一切ありません。私が(調査捕鯨が行われていた)南極海へ行ったときは、捕鯨活動におもむいている人間は、悪魔のような邪悪な人間だと思っていました。しかし、一緒に過ごして、彼らは素晴らしい人たちだと知りました」

 《ベスーン被告は、第2昭南丸に侵入して身柄を拘束されてから、同船が東京港に戻るまでの約1カ月間を、乗組員らと共に過ごしている。これまでに証人として出廷した乗組員は、ベスーン被告に日本語を教えた乗組員がいるなど、穏やかな雰囲気だったことを証言している》

 被告「彼らは自分の職務を全うしているだけなのです。今も個人的に連絡を取り合っている人もいます。私は日本人に対しても、いかなる悪い感情も持っていません。捕鯨活動に対して、悪い感情を持っているのです。南極海は(ベスーン被告の祖国である)ニュージーランドに近く、私にとっては裏庭のようなところです。そこで行われる捕鯨に憤りを感じているのです」

 《調査捕鯨活動への疑問を呈したベスーン被告だが、改めて「日本人は我々が尊敬すべき素質を多く持っている」とも話した。女性弁護人が「今後も同じ活動を続けるのですか」と尋ねると、ベスーン被告は「私が南極海へ行ったときは、自分の信条通りに行動していました」と述べた上で、こう続けた》

 被告「今後、私が南極海へ行くことは一切ないと思います」

 《事実上、SSからの“引退宣言”ともとれる発言だが、ベスーン被告はきっぱりと言い切った》

 《ここで、男性弁護人が「できれば少しお休みをとっていただければ」と、裁判長に提案。午前11時40分、多和田隆史裁判長が休廷を告げた。約1時間35分の休憩をはさみ、午後も引き続き弁護側、検察側双方の被告人質問が行われる予定だ》=(5)に続く

【関連記事】
[特集:第2回公判]「燃えるような激しい痛み」失明の恐怖
[特集:第1回公判]発射「ヒャッホー」とガッツポーズ
SS元船長公判 被告人質問で「酪酸問題ないと思っていた」 「ファシスト」叫ぶ傍聴人排除も
SS元船長 第3回公判 傷害罪の成否は? きょう被告人質問
SS代表「結論は分かっている。公正な裁判ではない」 

福島氏、訪沖「社民党党首として」強調(産経新聞)
ニチイ学館寺田社長、元社員逮捕で陳謝―再発防止に努める(医療介護CBニュース)
父の日にバラを! 鳥取・米子でバラ摘みイベント(産経新聞)
養子海外あっせん5年で90件、高額寄付要求も(読売新聞)
「アトラス 迷宮のボルヘス展」妻のマリアさん来日(産経新聞)
posted by コバヤシ ノブヤ at 19:10| Comment(23) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。